ドライバーの打ち方 スライスを治す方法


ドライバーの打ち方 スライス

ドライバーの打ち方で一番の悩みが多いのが、「スライスを治す方法が分からない」です。

ラウンド前の練習でスライスばかりで、練習すればするほど曲がりがひどくなる(-_-;)

そんな経験はありませんか?

朝の練習からドライバーのスライスはつらいですよね。飛距離はでないしOBになりやすい。スライスがひどいとスイングを直したくなる気持ちは分かります

スイングを直さずにスライスを直す簡単な方法

ラウンド直前にスイングを直すのは危険です。

スイングを直さずにスライスを直す
簡単な方法があります。

ドライバーの打ち方スライスが直るボール位置

ドライバーの打ち方 スライスが直るボール位置とは、どういうことでしょうか?

ティーの高さを少しだけ高くするのです。ただそれだけ・・・。

スライスになるのは、インパクトでフェースが開いている状態なんです。

ティーアップを少し高くすると

フェースが閉じやすくなり、スライスを軽減することができるのです。

ボールを右サイドに移動する

ボールの位置を左足寄りにするといいと思いがちですが、それでは、余計にカットに入り

スライスになるのです。

右にボールをずらすと、インパクトでフェースが閉じやすくなります。

フェースが閉じるのでボールにフック回転がかかり、スライスを軽減できます。

ドライバーの打ち方(スライスが直るボール位置)を
ご紹介しました。

(1)ティーの高さを少し高くする

(2)ボールを右に移動する

これでコースでスライスも怖くなくなりますよ。

スライスの根本的な解決は基本的な練習方法を学びましょう。

ドライバーの打ち方 ドローボールを打つには

スライスを治す最も最強で簡単な方法は、「ドローボールの打ち方」を覚えることです。

ドライバーの打ち方でドローボールを打つには、私が試した中で、クラブの軌道で打ち分けるか
ギア効果で打ち分けるか2つの方法があります。

簡単で、苦労なくドローボールをマスターするには、「ギア効果」で打ち分ける方法ですね。

ドローボールが出るドライバーを探すことがスタートです。スイングで治すより、今までのスイングでドローボールが出るクラブに頼るのが一番で効果的です。

軌道で打ち分ける方法は、多くのアシスタントプロや書籍等で推奨しているように理論上は明確で
シンプルなのですが、実際のショットとなると、

ドローボールはギア効果を使うのがベスト

練習時間も少ないアマチュアには非常に難しいです。

詳しいこスイング理論をここで言ったとしても出来るようになるには難しいです。

これに対し、「ギア効果」での打ち分けは打点を変えるだけです。
ドローボールならスイートエリアのトウ寄り、フェードならヒールよりで打ちます。

そんなに細かい打点の調整はできないと思われるかもしれませんが、クラブに
頼れば、スイートスポット(打点)に対する意識で自然にでてきますよ。

また、曲がり幅もわずかで、逆球が出たとしても次のショットに重大な影響は
出にくいです。

狭いホールでも自信を持って使えるようになるので一気に上達する可能性がでてくること間違いなし!

安定してドローボールを打つには!

ドライバーを変えることだけでは、どうしても安定してドローボールが出ない場合は
よほどスイングに問題があると思いますので、その場合はスイングを見直す必要があります。コチラを参考にしてくださいね。

ドローボールが出やすいドライバー⇒⇒⇒

ドライバーの打ち方を動画で紹介

ドライバーの打ち方は、動画で見るのが一番です。女子プロゴルファーで「ドローヒッターの上田桃子」
フェードヒッターでは木戸愛」を紹介しますね。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村←参考になりましたら応援”ポチッ”と、よろしくお願いしますm(__)m


ライザップゴルフ 体験 イボミ スイン
グ アイアン

YAHOOショップ

ブログランキング


にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴ

ルファーへ
にほんブログ村

初心者ゴルファー ブログランキングへ


seo great banner
ブログランキング