100切りのコツ

ミスショットを減らす方法と原因とは

ミスショットを減らす方法と原因を知ることで、スライスやヒッカケOBの連続が止まらない。そんな絶対絶命の状況からミスを断ち切るための「対処法」を知っていて損はない。

スライスの原因を知りミスを減らす方法

朝のスタート前の練習では、そこそこ捕まっていたのに、コースにでたらプッシュアウト、仕方ないから左を向いて「プッシュスライス」でさらに深刻な状態でどうしょうもない。

ミスショットを減らす方法とはミスショットの原因をつかめず、右OBが続くからといって、右をむいたり、球を捕まえようとして手を使ったりするのはドツボにはまる最悪のパターンです。

原因➊:あおり打ちで上体が起き上がる

ミスショットの原因をつかみ、キちっした対処法を知れば減らすことができます。左OBの原因のひとつに、球を上げようとする意識から「下からあおってしまう」ことでインパクトで上体が伸びあがりフェースが開いてしまうのです。

原因➋:体がはやく開いて腕が振り遅れる

もう一つの原因として「下半身リード」を意識し過ぎて、腰が開き振り遅れてフェースが開くことで大きなスライスボールが出てしまう。

対処法➊:フェースをシャット気味にバックスイング

もともとクラブは開きやすい構造ですから、フェースをシャット気味にローテーションを少なくしたバックスイングをこころがけることが重要です。

対処法➋:下半身と一緒に右肩も回していく

下半身リードをやり過ぎると振り遅れるから、肩の回転を意識して背中を打つ方向まで回していくスムーズな回転をこころがけることで振り遅れることでフェースが開かなくなるのです。

対処法➌:上体の前傾角を保って振り抜く



ミスショットを減らす方法 ライザップゴルフ

上体が起きやすい初心者は、前傾角度を意識するだけで回転がスムーズにいくようになり上体が起き上がることを防ぐことができます。

右OBの場合は、上体の起き上がりや振り遅れでフェースが開いて当たっていることがほとんどで前傾角を保つことを意識したり、腰だけを回さず肩も一緒にまわす。

左OBの連発の原因は、「トップが浅くなっていることが圧倒的に多い」ですね。浅いトップから打ち急ぐから、上体がかぶってしまうんです。

ミスショットを減らす

ヒッカケの原因からミスショットを減らす

原因➊:トップが浅くなって上体で打ちにいく

肩の入りが浅いトップから打ちにいくと上体がかぶってしまうと当然フェース面もかぶるから、左OBへ一直線に・・・。

バックスイングが浅くなることから、手打ちになってしまう場合がありますね~。いつの場合でもリズムを考えて肩を回して下半身手動で振り切ることです。

原因➋:下半身が止まって手打ちになる

ミスを怖がると下半身が止まってしまうのは初心者だけではないです。シングルさんでもプロでも、プレッシャーがかかると「下半身が動かない」ことがあります。

ヒッカケの直し方|左OBの対処法

対処法➊:バックスイングは左手で上げる

右手で上げると肩がしっかりと入らない「ひょいと」上げてしまうのです。左肩を意識して上げるようにバックスイングすると肩は自然と深く入るようになるのです。

対処法➋:ステップを踏みながらビックアーク素振り

左足を少し浮かしてから一歩踏み出しながら切り返して、大きなアークでブ~ンと振り抜く素振りを2回から3回やってから打つといいです。

対処法➌:左ワキをしめたまま左手で振るイメージ

本来右利きの人は右手が強いからフェースが返りすぎてしまう人がほとんどです。左手リードで左ワキを絞めて振れば引っ掛けないですよ。

ミスショット 減らすアイアン

ミスショットに強いアイアン|”ダフリとトップ”を直す方法

アイアンの主なミスはダフリとトップです。その原因は同じの場合がほとんど。トップがでたら、ダブりの繰り返しの場合が・・。

当たらないから「当てにいくスイング」をするようになり、スイングが小さくなったり、インパクトが弱くなったり、重心が右に残ったり、ますます自信がなくなり体の動きが悪くなるのです。

ダフリとトップを減らす方法

原因➊:下半身が止まって腰が引ける

ミスが怖いと下半身が止まって、どんどん動かなくなり、左の腰が引けてしまうようになります。そうなるとダフリもトップも両方出るようになります。

原因➋:球を上げようとして右足体重

トップが続くと今度は球を上げようとして体重が右足に残り、手前をダフルことに。

原因➌:当てにいって上体がかぶる

手や上体で打ちに行くから、肩がかぶってスイング軌道がアウトサイドインになり、ヘッドが上から入りすぎる。打点が手前だと大ダフリ、ボールの届かないとトップすることに。

ダフリとトップの対処法

対処法➊:左足の上で胸を張ってしっかり振り切る

胸を張ってしっかり振り切れば、左足の上でピタッと3秒間静止できます。そのフィニッシュを目指せば、体重移動がスムーズになるし、しっかり振り切れるようになる。

対処法➋:小さなトップから大きなフォローへ

肩を回せばトップはコンパクトでいいから、フォローを大きく出すことを意識してスイングすれば加速していきヘッドスピードが上がります。

対処法➌:おへそを下へ向けたままスイング

腹筋に力を入れておへそを下へ向けたまま振るイメージは、前傾姿勢を保つばかりでなくスイングの回転をスムーズにしてくれます。

対処法➍:意識をボールでなくターゲットに向ける

ボールへの意識を消して、ターゲットへ向けることで「あそこへ打つ」という意識付けから振り切れるスイングが可能になります。意識付けしたらヘッドアップは厳禁です。

ミスショット 減らす シャンク病

シャンクが止まらなくなったら

原因➊:腰が止まって手の通り道がなくなる

原因➋:ボールが遠くてクラブをインサイドに引いてしまう

ボールから離れてもシャンクは治らない。ラウンドの前半でシャンクがでると最悪ですよね~。もう直ったと思っていると、ある日突然再発して止まらなくなるのがシャンク。

経験のある人は多いです。連発が怖いからボールの位置が遠くなりやすくフラットなスイングで手打ちになるのでスイング軌道が安定しないのでシャンクもでればザックリもでて散々な日になることも。

対処法➊:左腰を回してスペースを作る

腰が止まると手が体から離れてヒールに当たることになります。腰をシッカリと回してスイングのスペースを作ってやることで体の近くで振ることができます。

対処法➋:手首を折らずに左腕とシャフトを一体化

短い距離なのでコックを入れたり手首を使ってしまうとインパクトが安定しないので、左腕とクラブを一体化させてパターの延長みたいなスイングをすることで連発をさけることができます。

ライザップゴルフって本当に100が切れるの?

ミスショットを減らす方法と原因
ミスショットの原因 ライザップゴルフ

ライザップゴルフ 体験 イボミ スイン
グ アイアン

YAHOOショップ

ブログランキング


にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴ

ルファーへ
にほんブログ村

初心者ゴルファー ブログランキングへ


seo great banner
ブログランキング