ドライバー スライス 原因は?スライスを直せば、飛距離伸びます!


ドライバーのスライス原因は何かを解明することからがスタートです。あなたのドライバーがスライスして力のないボールがフェアウエイ右端のラフへ・・・。こんなシーンを私も経験しましたので、よ~く分かります。

「どうすればスライスは直るのでしょうか?」スライスの原因が分かり、スライスを直せば、飛距離が伸びます。そして、ショットが安定してOBが減り良いスコアでラウンドすることできます。

ドライバーがスライスする原因としては、特に初心者のうちは、ボールの位置トップでの手首の角度ゴルフスイングが「アウトサイドイン」になっていること等々があります。

ドライバーのスライスを直す簡単な3つの方法

1.ボールの位置を確認しましょう!

スライスする人は、アドレスで左サイドに打ちたい気持ちから「左肩が開き」(打ちたい方向より左側を向いている)結果ボールの位置が左かかとより左側へ向き、カットスイング(クラブが外から入ってきます)になっています。それを回避する方法として、ボールを少し右側(ボール1個)へ置くことにより、捕まりやすくなります。

2.左手のグリップのナックルはいくつ見えますか?

左手のグリップが甘くスライスグリップになっています。ネギを包丁で切る時の左手を思い出してください。そうするとアドレスした時に、左手の人差し指と中指のナックル、左手の薬指のナックルの3つが見えるようにグリップするとフックボールになります。

3.トップでの左手首の角度を確認しましょう!

バックスイングのトップの位置で左手首が、甲側に折れていたらフェースが開きスライスし易くなります。フックにしょうと思えば、甲側でなくその反対の手のひら側へ曲げたトップの位置へすることで、フェースが閉じておりてきますので、普通の打てばフックボールがでます。

練習で確認してみてください。

今すぐスライスを直して飛距離を30ヤード伸ばす方法>>>>>>>


——————————————————————————–
次回記事予定

ドライバー スライス 原因 図解
ドライバー スライス ボール位置
ゴルフ ドライバー スライス
ドライバー スライス おすすめ
ゴルフ スイング ドライバー スライス
アイアン フック ドライバー スライス
ドライバー スライス 矯正
ドライバー スライス 手首
ドライバー スライス 原因
ドライバー スライス 初心者


ライザップゴルフ 体験 イボミ スイン
グ アイアン

YAHOOショップ

ブログランキング


にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴ

ルファーへ
にほんブログ村

初心者ゴルファー ブログランキングへ


seo great banner
ブログランキング